飲まない会とは

 

飲酒不適合者の存在を知ってください

 お酒は日本古来より神饌(※しんせん)として神社や神棚に献饌(※けんせん)されてきました。酒造は稲作と同じ様に日本人が先祖から連綿と受け継いできた文化の象徴ですが、庶民が直会(※なおらい)以外でも自由に飲酒出来るようになったのは最近のことです。
※【神饌】神前に供える供物のこと。【献饌】神前に供物を供えること。【直会】神事に参加した一同が神酒と神饌を飲食する行事。

 私達日本人の中には先天的に「飲酒適合者」と「飲酒不適合者」とが存在します。「飲酒不適合者」とは、飲酒すると一時的に記憶を失うなどの危険な状態に陥る人達の総称です。この危険な状態を一時的な「人格喪失」と呼びます。

 飲酒不適合者が「人格喪失」を度々経験すると、「精神をコントロール出来ない状態では犯罪をも犯しかねない」という恐怖にストレスを感じながら社会生活を送るようになっていきます。これは病気のように治癒できる疾患ではなく、飲酒を繰り返せばいつ再発するか分からない先天的体質なのです。

 にもかかわらず、飲酒不適合者が飲酒を避けたくても、「飲み会に参加しない者は、付き合いが悪い」と思う習慣が日本社会にはあり、職場や友人同士のコミュニティから孤立したくなければ、人格喪失にならないことを祈りつつ、飲み会に参加せざるを得ない機会に度々遭遇します。

 しかし人格を喪失している状態では自分の精神・行動をコントロール出来ません。集まって飲酒する機会の多い日本では、いつでも加害者になるかもしれないというストレスを抱えながら社会生活を送っているのが飲酒不適合者の実態なのです。

 

 

真正アルコール依存症と仮性アルコール依存症

真正アルコール依存症(アル中)をこの会では以下のように定義しています。
体内のアルコールが減少すると手が震える・飲酒しないと通勤できない・勤務中に飲酒する・家族に暴力を振るう・24時間連続飲酒になる・自分はアルコール依存症ではないと「否認」する。
仮性アルコール依存症をこの会では以下のように定義しています。
機会飲酒が出来ず、ほぼ毎日飲酒する・休日は朝から飲酒する・体内のアルコールが減少しても手の震えはない・酒を飲まないで通勤できる・勤務中は飲酒しない。

 

 

飲酒適合者と飲酒不適合者

飲酒適合者をこの会では以下のように定義しています。
飲酒しても記憶を失わない・飲酒しても暴言を吐かない・飲酒しても暴力を振るわない・飲酒しても嘔吐しない・飲酒後に自力で帰宅できる。
飲酒不適合者をこの会では以下のように定義しています。
飲酒すると記憶を失う・飲酒すると暴言を吐く・飲酒すると暴力を振るう・飲酒すると物を壊す・飲酒すると嘔吐する・飲酒後に自力で帰宅できない、あるいは帰宅出来ても覚えていない。

「誰でも大量に飲酒すれば、飲酒不適合者と同じような状態になるはず」と思われるかもしれませんが、飲酒適合者は記憶を失うほど飲む前に自制できる人達です。飲酒不適合者は自制したくても出来ない人達です。

 

 

飲まない会でサポートできる人達

 この会でサポートできるのは、「1. 仮性アルコール依存症で飲酒適合者」と「2. 仮性アルコール依存症で飲酒不適合者」と「3. アルコール依存症ではない飲酒不適合者」です。この3つのタイプを「先天的飲酒不適合者」と呼びます。真正アルコール依存症の方はサポートできませんので、専門病院で治療を受けてください。

 

 

飲まない会の活動範囲

 飲まない会では治療行為は行いません。先天的飲酒不適合者に飲酒を完全にやめて継続する「断酒」のメソッドを提供することと、断酒を継続するための環境を提供することを主な活動としています。

 

 

飲まない会の目的・理念

 「先天的飲酒不適合」は差別用語ではありません。治癒できる疾患でもありません。先天的な体質です。私達飲まない会は先天的飲酒不適合の社会的認知と地位向上を目的に活動しています。マイノリティである飲酒不適合者が安心して楽しく豊かな社会生活を送れるように、あらゆる努力を惜しみません。私達の活動が社会に受け入れられるように2019年の一般社団法人化を目指しています。

 

GO TOP
飲まない人達の声

 

断酒により消え去った3つの感情

An

 断酒して早いものでもうすぐ2年になろうとしています。飲んでいた頃の私には休肝日などなく365日飲んでいました。気の遠くなる絶望感や憂鬱感と共に毎日起床。それらの感情が飲酒が原因であるなどとは当時、微塵も思いませんでした。

 仕事が終わって帰宅すると料理をしながら飲み始めます。適量なんてありません。自分が満足するまで飲む量が適量なのです。酔うと何もかもが面倒になりだらしなくなります。飲酒している時は睡眠障害を患っておりサプリメントや睡眠導入剤を医師から処方してもらったりしていました。

 断酒して具体的にいつからというのがわからないのですが恐らく一年も過ぎたあたりからこの起床時の絶望感から解放されることになります。死にたいと呪文のように頭の中を駆け巡っていたのが消滅してしまったのです。誤解ないように言いますが、自殺念慮が薄らいだのではありません。完全に消滅です。これに一番驚いているのは他の誰でもなく私自身なのです。

 そして普段からいいようのない不安、絶望感、孤独感と常に背中合わせだった私に第二の不思議なことが起こります。孤独感の消滅です。しかしさすがにこれには自分自身でも懐疑的でした。寂しがりや、一人では人生楽しめない、誰かいないとダメという性格が本当に改善されたりするのだろうか?

 そこで私は思い切った実験行動に踏み切ります「ハワイ一人旅」です。一人旅は珍しくないと思う方もおられると思いますがこれは自分の今までの性格を考えると無謀とも言えるチャレンジです。過去に一度だけ一人旅を実行したことがあるのですが寂しさが想像以上であり旅行中は酒で気持ちを紛らわせ予定の滞在をさっさと早めに切り上げて帰ってきたという苦い思い出があります。

 さてそういうわけで私はハワイの地を踏みました。そしてどうなったか? ある日、坂のない平坦な道を淡々と散歩していた時の事です。湧き出てくるんです。体の奥底からなんとも言えない自分を包む恍惚感です。この充実した感情はハワイ滞在期間消えることはありませんでした。私はこの旅行をきっかけに孤独感の消滅は自分の気せいではないという確信につながったのです。ハワイから帰ったばかりの日に来年はバリ島に一人旅しようとインターネットでいろいろ情報収集にしばらく熱中したほどです。

 次の試みはジムに加入しての筋トレです。これも過去に体験してみて1か月ほどですぐやめています。そもそも、死にたいと常に頭にあるような人間が自分を鍛えたり、理想のプロポーションをつくるなんて興味があるわけないんです。しかし今の私ならできるかもしれません。トレーニングを始めて2-3か月過ぎたころまたもやあるものが消滅しました。自分が嫌いだという感情です。自分が大好きなのだから死にたいと思わなくなったのは当たり前と言えば当たり前の話ですね。

 最後に一言「今まで生きてきた中で今の自分が一番好きです」。

 

 

 

断酒を始めて6ヶ月が経ちました

ミリンゴ

 ワタシは20年以上の間、平均して毎日ワイン1本くらい飲んでいたのですが、自分の夢(目標)のために学校に通う事になり、定期試験、資格取得の為に酒を控えて勉強に打ち込もうと減酒を始めました。

 そして、始めは控えようと思っていたお酒も、ヒースレイカーさんのHPとメルマガのおかげで、まったく飲まなくなりました。

 私はアレルギーで肌が弱く、食べ物も食べられないものが多いので、自分に合う化粧品や食べ物などを自力で探してきました。そして、自分に合うシンプルなスキンケア、食事、生活を実践する事で良くなった経験から、私と同じように悩みを持つ方に、「良い化粧品を作って届けたい」と思うようになりました。その目標のために、学校に通う事を決めたのです。

 お酒をやめたおかげで勉強に打ち込めるようになり、学校で落ちこぼれだった私が、合格率54.8%の資格に合格しました! 頭がクリアになってくるのを実感したので、8年ぶりにTOEICを受けてみたのですが、全然勉強していないのに良い点数が取れてビックリ!

 

◎断酒してから私に起こった事を一覧にしてみました。
2018年8月毒物劇物取扱責任者合格
2018年10月TOEIC815取得
2018年12月化粧品検定合格
2018年12月化粧品成分検定合格
2019年1月ビジネスプランコンテスト → 100件の応募中からファイナリスト10名に選ばれる → プレゼン発表の結果入賞!

 

 この実績全て、断酒していなかったら起こり得なかったことです。そして、また別のコンテストに申し込みをした所です。やるコトなすコト、上手くいくので、色々なコトにやる気マンマンです♪ ヒースさんのおかげです。心より感謝です!!

 

 

 

断酒3ヶ月記念!断酒を開始した時のこと

イスタンブール

 それまでまったくやめる兆しの見えなかった飲酒ライフは、2018年10月31日で唐突に終わることになりました。その5日くらい前、いつものように夫に対し、「酒やめなきゃ!酒やめたいよお〜!」と、缶チューハイを飲みながらできないことを言っていたのです。

 夫は「よし!11月からやめるんだ!あと数日は飲んでもいい!」と言い、その言葉が後押しとなって決心が固まりました。しかし、それまで飲んでいたストロングチューハイが一生飲めなくなる!この先、飲みたい気持ちを我慢しながら生きるのか!と残された5日間がまるで刑の執行を待つような気分になりました。

 残りの日々は6%の350缶と9%の500缶を1本ずつ飲んで、そのあとに飲んでいたワインはもうやめていました。本格的な断酒に備えて量を減らしていたのです。その執行猶予中の5日間はもう、酒には勝てない、節酒や機会飲酒は絶対に無理なんだ、酒に対して自分が無力だと諦めの心境になっていたのです。

 断酒第1日目の11月1日は寝つきが悪かったのを覚えています。でも翌朝の目覚めはとても良かった!体が軽く感じました。そしてもう2日目の夜はたいして飲みたくなかったのです。酒をやめる直前に恐れていた「酒への渇望感」という苦しみがほぼなかった。酒をやめるだけの理由があったからかもしれないけど、身体的な禁断症状はない。

 ヒースレイカーさんのおっしゃる、「断酒は最初の一口目だけ我慢すれば成功します。 最初の一口だけ我慢すれば、二口目はないからです。」今この文章を書きながら断酒を始めた頃を思い出し、腑に落ちました。

 

 

 

娘との関係が改善しました

くーちゃん

 毎晩のキッチンドリンクがどうしてもやめられなくてどんどん体調が悪くなり、このままでは日常生活に支障をきたすようになってしまう・・・との危機感があり、重い腰を上げて、2018年8月から断酒(一滴ものまない)をスタートしました。

 断酒スタートから半年が経過しましたが、主な目的であった「体調不良の改善」は、見事に達成できています。これは、予想以上の成果です。

 体調不良といっても飲酒だけが原因ではなくて年齢的なことなどもあると思っていたので、そこまで劇的な改善は期待していませんでした。しかし現在、慢性的な疲労・肩凝り・背中の痛み・腰のだるさ・夜中に足がつる・週一ペースで訪れる頭痛・激しいドライアイの症状etc・・・・それらの症状が、ほぼなくなりました(もちろん全くなくなったわけではなく、軽い頭痛とかはたまにありますが)。そして、本当に内臓が軽い。階段を駆け上がっても息切れしなくなりました。

 体調面だけでなく、メンタルでもだいぶ良いことがありました。自分のミスや失敗が発覚しても、あまりショックを受けなくなったのです。淡々とやり直し、今後気を付ければいいやと思えるようになりました。そして、過去の嫌な出来事をグルグルと思い出す習性がなくなって、本当に生きていることがラクになりました。

 また、嬉しい想定外ですが、なんと中二の娘との関係が良くなりました。思春期真っ最中の女の子の扱いはとても難しく、全然口をきかなかったり、一日中部屋にこもってスマホをいじっていたり、そのせいなのか朝も起きられなくて遅刻をしたり、でも注意するとブチ切れる・・・みたいな日々が長く続いていたのです。

 一見、私の飲酒とは全く関係ないように思えるのですが、断酒が定着してから私は、口うるさく注意したり感情的に上から目線で叱りとばすことをやめられるようになり、でもそのかわり、怒るべき時はしっかりと迷うことなく怒ることができるようになりました。

 常飲時代は、「自分も毎晩缶チューハイなんか飲んでいて、偉そうなことを言える立場ではない。」という卑屈な気持ちがベースにあったので自信がなく、怒るべき時に毅然として怒ることができずモヤモヤしていたのです。そのストレスを飲酒で発散しているつもりだったのでしょう。振り返ると、本当に負のループにハマっていたんだなぁと思います。

 今は娘もリビングにいる時間が長くなり、お互いに好きな米津玄師のYouTubeを見たりして、ケンカしてもお互い引きずらくなったし、ピリピリした緊張感もなくなって、とっても良い雰囲気です。

 世の中はまだまだ飲酒を良しとする風潮が強いですが、それでも今は断酒に迷いがなくなったせいか、ノンアルでお酒の席を乗り切ることは想像していたより難しくなかったです。それに、ノンアルで乗り切ったあとの爽快感は、ちょっとした感動です。帰宅後、ゆっくりとお風呂に入って、しっかりと歯磨きをして、パックまでしてから眠れるんです。話したことももちろんぜーんぶ覚えていて、失言した人のフォローまでできてしまうこの素晴らしさ。味しめて、もうやめられない(笑)。

 一方、断酒で失ったものは、私にとっては皆無です。お酒で繋がっているような人間関係はもともとなかったのと(むしろ皆飲まない中、一人だけ酒飲んでたようなおそろしい状態だった^_^;)飲むことで得ることのできるうっとり感は、今はチョコレートやコーヒーがやってくれてます。

 それに今の私には、ヒース・レイカーさんのメルマガや「断酒天国」や、オフ会でリアルに会える断酒仲間もいるので!!この先半年間、もっともっと進化できるかな? 半年たったら、またまとめて振り返ってみたいと思います(^_^)

 

 

 

断酒3ヶ月を越えて思うこと

178

 僕は23年間、ほぼ毎日、お酒はリラックスするために必要なものと思って、飲んできました。プシュ!と開けた瞬間、脳ミソが「飲めるぞ!」と反応して、冷蔵庫にあるだけ飲んでしまいます。ですから、僕の場合、箱買いはできません。

 仕事帰りに「今日はこのぐらい」と決めた分だけ買って帰って、飲んでいました。しかし、飲み会になると、そうはいきません。お酒を勧められるままに飲んでしまって、記憶をなくすことも…。

 こんなことが続くと、さすがに怖くなってきて、本気で断酒を考えました。しかし、いざ断酒となると不安になって、なかなか踏み切れませんでした。

 学生時代、ポジティブで積極的な性格だった僕は、いつからかネガティブで消極的な性格に変わってました。そして、節酒にしようか悩んでいた頃、偶然ヒースさんのブログにたどり着き、今までとは違った何かを感じました。そして、このままじゃ何も変わらない「まずはやってみよう」と決心しました!

 試しに一週間断酒してみたところ、飲まずに寝ると翌朝バッチリ疲れが取れていて、今まで仕事による疲れや年齢による不調だと思っていたものが、実はアルコールによるものだったと気がつきました。加えて、顔のむくみが取れて、目がクッキリ大きくなったり、一ヶ月で顔がひと回り小顔になったり、お腹周りがスッキリしたりと、内面的にも外見的にも、断酒の効果を感じることができました。

 また、普段の生活の中で、お酒をやめるだけでずいぶんゆとりができました。ゆとりというのは、時間はもちろん、心のゆとりです。それまで僕は、リラックスするためにはお酒が必要と思っていましたが、誤解でした。本当にリラックスしたいなら、お酒をやめるべきです。

 「やめる」というと、なんだかマイナスの印象を受けますが、僕にとってお酒をやめたことは、マイナスではなく、むしろプラスでした。健康、時間、お金…。これら大切なものが、お酒をやめれば手に入ります!

 僕は、いつか振り返った時に、ヒースさんのブログにたどり着いたことが運命で、人生のターニングポイントだった!そう言えるように、これからも断酒を続けたいと思います。

 

 

GO TOP
飲まない会の活動

 

1. 勉強会・講演会の開催

 飲酒不適合の社会的認知・飲まない会会員の権利獲得・地位向上のために全国での勉強会・講演活動を促進していきます。その活動のために、断酒段階が高く、断酒理論に精通し、優れた人格の会員を講師として育成していきます。

 

2. イベントの開催

 断酒を始めると飲み会などに参加するのを避けるようになるので、過去のコミュニティから孤立してしまうことがあります。飲まない会では酒を飲まなくても楽しめるイベントを企画し、会員の人生の中にもう一つのコミュニティを創造していきます。ジョギング・ダンス大会・バーベキュー・ハイキング・登山・サイクリング・ピクニック・ラフターヨガや、断酒の成果を発表する各種コンテストも開催していきます。

 

3. 会員制の導入

「アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!」と「酒をやめたい!延長戦」の読者の中から正規会員を募集します。正規会員には会員番号が付与され、会員の地位が保証されます。希望者には会員証・オフィシャル名刺を発行します。(有料)

 

4. 女性会員の相談窓口開設

 男女雇用機会均法が施行された1986年以来、女性の社会進出が進むと、女性のアルコール問題が顕在化してきました。職場でのアルハラだけでなく、キッチンドリンカーという言葉に代表されるようなアルコール依存症で悩む女性も増えています。飲まない会では女性会員を酒害から救うための専用の相談窓口を開設します。アルハラ・セクハラ・マタハラ・DV等を組織的にサポートしていきます。

 

5. ブレードランナーテスト

 断酒が自己申告である限り、いくらでも嘘が通ってしまいます。これは真面目に断酒を継続して期間を伸ばしてきた会員にとって不公平であり、会全体の信頼を毀損することにもなります。筆記試験でもなく、運動テストでもなく、論文でもない、ブレードランナーテストの哲学的な質問にどう反応するかによって断酒度を判定します。ただし自己申告によるスリップにペナルティはありません。またスリップそのものを否定するものでもありません。
※現段階では開発途中のため運用は3年以上先になります。

 

6. オリジナル断酒グッズの販売

 断酒マニュアルを書籍化します。現行のマーケットに存在する精神論に頼った書籍ではなく、愚直に努力すれば断酒を継続していけるスキルのマニュアルを書籍化・DVD化して販売します。飲まない会の広報活動の一環として「DANSYU」ロゴのTシャツを作成して販売します。

 

7. 公益法人化

 大多数の国民がアルコールの影響下で生活している中で、お酒を全く飲まないマイノリティである飲まない会会員の権利獲得と地位向上のために、2023年の公益法人化を目指します。

 

GO TOP
「飲まない」を継続するメソッド

 

断酒を甘く考えてはいけない

 暫定代表のヒース・レイカーは1995年以来、定期的に「断食(だんじき)」を継続しており、ほぼ隔年で2週間のすまし汁断食を繰り返し、水と塩だけの完全断食30日間を2回、40日間を1回完遂していますが、断食より断酒の方が難しいと語っています。断食には終わりがありますが、断酒には終わりがないからです。断酒は誰でも簡単にできるものではありません。自分の本当の人生を取り戻したいという覚悟が必要です。断酒を簡単に考えてはいけません。

 

水だけの完全断食40日間全記録

 

 

生活習慣を変える

 ただじっとお酒を飲みたい気持ちを我慢するだけでは断酒を継続することは出来ません。お酒を飲んでいたときの自分と物理的に全く変化していないからです。断酒は頭(意思・精神・知識)20%、体(生活習慣)80%を変化させることによって継続が可能になります。3ヶ月かけて生活習慣を変えることによって「お酒を飲まない生活が通常である」と体は物理的に変化します。物理的な変化がなければ、体はお酒を飲むのが通常であると認識したままです。

  1. 勤務先から帰宅したら浴槽にお湯を溜めて入浴する
  2. 食材を買って自分で調理した料理を食べる
  3. テレビは極力観ない
  4. 勉強・読書をする
  5. 早寝早起きをする
  6. 朝日を浴びながら有酸素運動をする

 

 

毎日届くメルマガを読む

 私達にはホメオスタシス(恒常性)が備わっていますので生活習慣を簡単に変えることはできません。昨晩は断酒しようと決意したのに気がついたら帰宅時にお酒を買っていたということが実際にあります。意思より習慣が強いからです。この体に染み付いた習慣を自分だけで変えるのは極めて難しいでしょう。そこで断酒マスターのヒース・レイカーが定時前の16:00と帰宅後の20:00に毎日メルマガを配信しています。受信することにより、うっかり飲酒してしまうことを防ぐだけでなく、断酒を継続するための知識や情報をインプットすることが出来ます。正規会員になるには、この2つのメルマガを読んでいることが条件となります。

  1. 毎夕16:00「アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!」(無料サービス中)
  2. 毎晩20:00「酒をやめたい!延長戦」月額540円(税込)

 

 

今の気持ちをアウトプットする

 断酒の知識や情報をインプットするだけでは消化不良を起こしてしまいます。起床したときや就寝前に「今の気持ち」を誰かにアウトプットすることは、自分の精神状態を確認する上でとても重要なルーチンです。また、ふと飲酒欲求が沸き上がってきたときに「今の気持ち」を誰かにアウトプットすることによって「魔が差す」という状態から脱出できることもあります。この「誰か」に相当するのが「断酒天国」というアプリの向こう側にいる飲まない会の仲間です。「断酒天国」は誰でも書き込める掲示板ではありません。飲まない会の会員が本当の人生を取り戻そうとして断酒を続けるためのリハビリ空間です。断酒が定着するまでの最低3ヶ月間は、断酒天国でアウトプットする習慣を身につけてください。

  1. 断酒継続アプリ「断酒天国」(現在一般公開中)

 

 

有酸素運動をして物理的に体質を変える

 長年飲酒していると脳が萎縮していきます。放置して飲み続けると認知症・アルツハイマー病を発症する恐れがあります。しかし断酒して日常的に有酸素運動を繰り返すと、萎縮した脳が再生されて機能が復活します。特に人格を司る前頭葉は時速7km以上のジョギングで活性化されることが医学的に発見されています。また、朝日を浴びながら有酸素運動をすると天然の精神安定剤であるセロトニンが脳内で活性化します。セロトニンが活性化すると気持ちの落ち込みから開放され、生活意欲が湧いてきます。更にセロトニンは16時間後に天然の睡眠薬であるメラトニンに変化し、自然な眠気をもよおします。早寝早起きするには私達に備わった自然のメカニズムを活かすのが最も効果があるのです。

 

GO TOP
飲まない会ニュース

 

GO TOP
飲まない会議のご案内

 

第1回 飲まないクリスマスパーティin東京
2019年12月7日(土)早稲田

タイトル 第1回 飲まないクリスマスパーティin東京
日 時 2019年12月7日(土)
17:30-20:30
プログラム 一芸パフォーマンス(10組)
飲まないカラオケ
ノンアルカクテル作り方講座
メニュー ノンアルカクテル飲み放題(手作り)
ビュッフェ(寿司・ピザ・スイーツ・その他)
参加費 3,500円/18歳以上(税込)
500円/小中高生(税込)
無料/小学生未満
定 員 40名
会 場 早稲田スコットホール・ギャラリー
住 所 東京都新宿区西早稲田2-3-1
公益財団法人早稲田奉仕園内
アクセス 東京メトロ東西線 早稲田駅より(徒歩5分)
東京メトロ副都心線 西早稲田駅より(徒歩約8分)
主 催 飲まない会
連絡先 info@nomanai.net
Tel. 080-3508-8041

 

 

 

プログラム

17:00 開 場
17:30 ノンアルカクテル作り方講座
17:45 開会のあいさつ
17:40
19:20
一芸パフォーマンス(10組)
19:20
20:20
飲まないカラオケ
20:20
20:30
閉会のあいさつ
20:30 閉 会・退 場
21:00 閉 場
(完全に退出して下さい)

 

 

Google Map

 

 

飲まないから子供のように遊んじゃおう!

 世にも珍しい「お酒を飲まないクリスマスパーティ」が開催されます。ノンアルコールカクテル飲み放題・ビュッフェ(ピザ・寿司・スイーツ・その他)、一芸パフォーマンス(歌・演奏・ダンス・その他)、飲まないカラオケなどトランス有りで酩酊なしのぶっ飛んだパーティです。ノンアルコールだから子供もOK・・ていうか大人が冬休みの小学生になる日です。また、遠方で参加出来ない方のためにYouTubeでライブ中継します。カメラはステージに向けて固定しますので、顔出しNGの方はフレームに入らないようにするか、仮面舞踏会のようなマスクを配布しますので着けてください。「一芸パフォーマンス」や「飲まないカラオケ」の出演者も募集しています。飲まないパートナーは人生の宝です。独身の方は婚活・恋活にもどうぞ!

 

 

 

チケットのお申込みはペイパルでのクレジットカード払い・即時銀行引き落とし払い(クレジットカード不要)になります。[入場チケット申込]ボタンをクリックして、お支払い手続きへお進みください。即時銀行引き落とし払いをご希望の方はペイパルにログインして「支払い方法を追加する」へ進み、銀行口座を登録してください。みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行に対応しています。銀行口座の登録が完了していれば支払い画面に銀行名が表示されます。お支払い手続きが完了すれば24時間以内に「指定席番号を記載したメール」が届きます。お問い合わせは下記メールアドレスまで。
info@nomanai.net

 

GO TOP
飲まない会のルール

 

飲まない会に入会できる方

 真正アルコール依存症でない方に限ります。会員申請できる方は、メルマガ「アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!」と「酒をやめたい!延長戦」の読者が対象です。2019年3月に開設する「飲まない会入会申請フォーム」から、氏名・生年月日・住所・電話番号・メールアドレス・ニックネームを入力して申請してください。ホームページ・断酒天国ともにニックネーム以外は非公開になります。過去に飲まない会・断酒天国・メルマガを批判・誹謗中傷・揶揄・ディスり行為を行った方は入会をお断りさせて頂きます。

 

飲まない会を退会して頂く方

 断酒継続中にスリップしても申告すれば退会していただくことはありません。スリップしたのに3日以内に申告していない場合や虚偽の申告をした場合は一定期間の会員資格停止になります。申告は飲まない会事務局へのメール・電話及び断酒天国への書き込みも含みます。飲まない会に対する批判・誹謗中傷・揶揄・ディスりなどあらゆる言論の自由を行使して頂いて結構ですが、飲まない会の会員である期間中に前述の行為を行った場合は、飲まない会QC委員会で協議の上、会員として不適格であると認定された場合は会員資格を剥奪させて頂きます。メルマガ「アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!」と「酒をやめたい!延長戦」の購読を中止した場合も退会して頂きます。

 

GO TOP
飲まない会の概要

 

飲まない会

団体名称 飲まない会(任意団体)
所在地 現在個人住所のため個人情報保護法により正式に問合せがあった場合にのみ回答しています。
電話番号 080-3508-8041
正規会員数 5名(2019年8月現在)
代表 暫定代表:ヒース・レイカー
Webサイト https://nomanai.net
メールアドレス info@nomanai.net

 

GO TOP
飲まない会正規会員

 

飲まない会正規会員

 2019年8月15日に4名の方が、第1回の飲まない会正規会員に認定されました。今回の認定基準は、1. 断酒期間が1年以上であること。2. 断酒天国にほぼ毎日アウトプットしていること。3. 飲まない会暫定代表のヒース・レイカーと定期的に面接をしていること。(飲まない会議等)4. その他・・・以上を厳正に審査いたしました結果4名の方が飲まない会正規会員に認定されました。

 

番号 ニックネーム エリア
1番 ヒース・レイカー Japan
3番 本人の希望により非表示 Japan
4番 ジョン Japan
5番 くーちゃん Japan
6番 りりか Japan

 

GO TOP
飲まない会の沿革

 

偶然に発見された本当の人生を取り戻すメソッド

 飲まない会暫定代表のヒース・レイカーはまだ自分が先天的飲酒不適合者だとは知らずに悩んでいました。普段から真面目な人柄で通して来たのに、飲酒すると人格喪失になる経験を1〜2年に1度は経験していたからです。

 2001年、39歳のときに取引先の飲み会で大失態をやらかしてしまいました。自分のしたことを全く覚えていませんでしたが、二日酔いで苦しみながら聞かせられた話はおぞましいものでした。この世から消えて無くなりたいと思いつつも救いを求めてネット検索を始めていました。そして断酒会に3年半お世話になることになったのです。

 断酒会とはアルコール依存症で入院治療した人達を退院後に受け入れる自助団体です。この頃アルコール依存症での入院経験が無いのに断酒会に入会するのは極めて珍しい存在でした。1年も全くお酒を飲まないでいると人生に変化が起き始めました。まるで夏休みの小学生のように毎朝飛び起きれるようになり、夢中で仕事に没頭できるようになって、気がつけば会社を経営するようになっていたのです。断酒会に入会して3年後のことでした。

 しかし、業界団体や取引先との付き合いで再び飲酒するようになると再び人格喪失を経験するようになり、仕事に対する意欲も薄らでいき、みるみると転落していきました。この経験から、あの小学生のように元気な体と覚醒された精神状態は、アルコール依存症じゃない状態で完全に飲酒をやめたために起きた奇跡であることを悟り、再び独りで断酒を開始したのです。その道程は失敗の連続でした。

 2013年に再び断酒に成功したヒース・レイカーは2014年にWebサイト「アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!」を公開しました。誰も見るはずは無いと思いましたが、自身で確率したメソッドを備忘録として残すことが目的でした。

 すると1年後にはヒース・レイカー宛に相談メールが届くようになったのです。その流れで2018年4月にメルマガ「アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!」を毎日4時に配信することになりました。読者の方々が退社後にお酒を買って帰宅するのを思い留まって頂くのが目的です。予想に反して半年で読者が1,000人を越えてしまいました。

 最初で最後のつもりで2018年12月16日に「人生100年時代の生活習慣」という講演会を東京の水道橋で開催すると50名の方々が参加して下さいました。オフ会の中でお一人お一人と対話させて頂くうちに、同じ悩みを抱えている人達で「本当の人生を取り戻す」ために団結していこうと決心し、「飲まない会」を結成することになりました。

 飲まない会はアルコールを否定する団体ではありません。マイノリティである先天的飲酒不適合者が飲酒を強要されない権利の獲得を目的とし、会員の社会的地位向上を目指しています。

 

GO TOP

 

Party Of Nomanai